徳永 康次郎

徳永 健太郎

幼少期より父 徳永武昭のもとフラメンコギターを始める。


中学卒業後スペインへ渡りセビージャのクリスティーナヘレンフラメンコ芸術学院に入学。

3年間で全課程修了しその後同学院の講師として数年間在籍。


日本フラメンコ協会新人公演奨励賞ギター部門を兄弟共に2年連続受賞。


兄はスペインのセビージャにてCERTAMEN ANDALUZ FLAMENCOS アンダルシアフラメンコギターコンクール準優勝
弟は2019年にスペインのバルセロナでの国際コンクールで決勝進出し4位に入賞。

その他国内外で様々な受賞歴を持つ。


その後、「100年に一度の原石」と称され日本とスペインを行き来し様々な舞台にて活躍し現在に至る。

2017年 アニメ「アルスラーン戦記」の主題歌、藍井エイルの「翼」にフラメンコギターで参加
2017年 GAINAXとの共同制作で「山賀博之」監督の元、映像作品「砂の灯」を制作。キャラクターデザインを「貞本義行」が担当

2019年 3rdアルバム「Resonancia〜共鳴〜」がiTunes Storeにて「ワールドトップアルバム・スペイン・第2位」にチャートイン

2020年6月 兄健太郎がドラマ「ハケンの品格」のサウンドトラックに参加
2020年 NHK 「旅するためのスペイン語」のオープニングテーマを担当
他BSフジ、BSテレ東、NHKなど様々なテレビ番組に出演する。
2014年〜2018年の間に自主制作により3枚のアルバムをリリース
2020年 レコード会社「P-VINE」より通算4枚目にして初の全国流通盤となるベストアルバム『Guitarra Flamenca』をリリース